hugo's blog,

No purpose, No design...

APPLE

【Macネタ】Apertureのヘルプが見れない

MacAppStoreで購入してから、最近よくApertureを使っています。高機能で思ったより楽しいです。でも、使い勝手が微妙にiPhotoと違うので、ヘルプをみようとしたら、
cannotseehelp
『ヘルプライブラリにはJavaScriptが必要です。』

なんじゃこりゃ?
必要って言われても困るんですけど。。。
HelpViewerには設定するとこ、ひとつもないんですけど。

ということで、ぐーぐるさんに聞いてみました。
な、なんとターミナルでコマンド打ちが必要みたいです(そな、アホな)。

defaults write com.apple.helpviewer WebKitJavaScriptEnabled 1

いつもお馴染みの隠しコマンドですね。

アプリ再起動したあと、
canseehelp
ようやくヘルプが見れるようになりました。

いや〜ぁこれはないっしょ。勝手な想像ですが、ちゃんとしたDVDバージョンのインストーラで入れたら、スクリプトでこのコマンドが実行されていたんでしょうけど、AppStoreではそういう事はしてない(というかできない)っていう事ですかね?ともかく、最近のAppleでよくありそうな、お粗末さまさまな出来事でした。終わったね♪この会社も。

【Mac App Store】Apertureが安い

appstoreMac App Storeがオープンしましたね。立ち上げてみましたが、なーんか微妙なアプリですね。iTunesとiOSのApp Storeを足して2で割ったようなアプリです。慣れの問題かもしれんが、iTunesと同じくフォントが見にくいので、私は好きじゃありません。

でも、Apertureが半額ぐらいに安くなっています。ちょっと欲しいかも。

【追記】
Apertureを購入しようとしても、エラーが出て購入できませんでした。。。(再起動したら、何事もなく購入可能に。。。AppStoreダメダメやん。)
購入するとアプリのアイコンがぴょーんと画面でくるっと回ってDockにおさまります。ここらんへんのしょーもないエフェクトはAppleらしい。ダウンロードは578MBもあるし、めっちゃ遅い。

【これで最後】Parallels Desktop 6にアップグレード

parallels6MacでWindowsを動かす事ができるエミュレーターは色々ありますけど、私はずっとParallelsを使ってきました。理由は特にないのですけど、あるとしたら惰性。最初に買ったのがParallelsってだけで、それ以来ずーっと、いわれたまんまにアップグレードしつづけてます。

こないだバージョン5にアップレードしたと思ったら、1年も経たないうちに6へのアップグレードの案内が。。。これはもう詐欺に等しいね。みるとようやく64ビット化を果たして、41%速くなったそうな。それはめでたい。前回のアップグレードは全く価値がなかったけど、これで最後と思いアップグレードしました。今は円高だしね。

アップグレードは、いつも通りの簡便さで難なく成功しました(バージョン3以降は楽です)。

何を根拠にしてるか解らんけど、WinXPの起動時間を見て41%速くなったか検証してみましょう〜。
(起動時間の定義は、WinXPを起動して、ログイン、InternetExplorerが動作可能になるまでの時間です)

【結果】
iMac (Core i3 3.2GHz, 4GB)
1分9秒(Parallels5)→48秒(Parallels6)30%速い

MacBook Pro (Core i7 2.66GHz, 4GB)
2分2秒(Parallels5)→1分33秒(Parallels6)20%速い

なんでMacBookとiMacでこんなに差が出るのかよくわからないのですけど、
41%まではいかないものの、ちょっとは速くなってます。メモリーのマネージメントはあまり改善してないような気がします。ということで、アップグレード50ドルの価値があるかは微妙です。
私はこれで最後にしようかなと。。。

Firewire800-400変換をMacで使用(結論:USB2はやっぱりクソ)

100822_115929昨年の10月下旬にAppleは各製品ラインナップから高速シリアルバスの一規格であるFirewire400(別名:あいとりぷるいー1394)を廃止致しました。自ら開発した規格でありながら、USB2規格の台頭によりあえなく敗北した格好ですが、転送速度の実効値からすると全然Firewire400の方が速いです。他の特徴は接続をデイジーチェーンにもツリー状にもできること、6pinで接続の場合はバス駆動が可能なため利用機器に電源アダプターが必要がないという優れた点がいっぱいあります。
そんな優れた規格を廃止する暴挙に出たAppleですが、MacBookProシリーズやiMac, Mac ProにはFirewire800という上位規格がポートとして残ってます。でも、Firewire800接続ができる外部HDDは殆どないし、過去に購入したFirewire400の外部HDDなどを使用したいもの。

そーんな時に便利なのが、Firewire800の9pinコネクタをFirewire400の6pinに変換するアダプタやケーブル。800には下位互換性があるので、繋ぐもんさえあれば、これまでの資産が十分に活かせます。

さて、今回購入したのは、
Firewire800-400変換アダプタ(エレコム製AD-IE6FT9M, 約800円)
Firewire800-400変換ケーブル(SANWA SUPPLY KE-B962W IEEE1394bケーブル2m, 約1700円)

これらをMacBook Pro (Intel Core i7 2.66GHz)とFirewire400接続の外部HDDで繋いでみて転送速度の違いを比べてみた。幸い、この外部HDDにはUSB2ポートもついているので、ついでにUSB2で接続してFirewireとも比べてみる。

転送時間(単位は秒)の結果は以下の通り
FirewireVSusb


見ての通り、アダプタであろうがケーブルであろうが、殆ど転送速度は変わらない。それにもまして目立つのが、USB2の遅さ。同じファイルのコピーでも約1.5倍遅いのだ。おまけにFirewireは変換をかましてもバス駆動が可能、USB2はHDDに電源アダプターが必要。改めてこの『クソ規格』のヘコさを再認識した。
アダプタをつければ普通にFirewire400も使えるって分かったし、ケーブル1本で動くし、これからも私はFIrewireを使い続けます。変換アダプタ800円はそんなに悪くない投資だと思います。


<リンク>
Wikipedia IEEE1394
サンワサプライ IEEE 1394ケーブル
hugo's blog Apple新製品を発表:ついに全てラインアップでFW400廃止の暴挙へ

iMac(27インチ)雑感

100812_191513ようやく古いMacMiniのデータを新しく購入したiMac(27インチ)に転送しました。こういう作業って丸1日つぶれますよね。長かった。

さて、本日はそのiMac(27インチ)を使ってみての雑感を述べてみようと思います。新しいキーボード、MagicTrackpadやMagicMouseを含めて。

まず、本体のiMac。CPUはCore i3の3.2 GHzバージョンですが、Core2Duoシリーズに比べて体感的に激早になった訳でもありません。まぁ普通にストレスなく使えます。でもやっぱりParallelsなどを起動して仮想メモリをいっぱい作られるとさすがに動きがキビシいっす。これは仕方ないでしょう。標準の4GBのままにしたけど、メモリは8GBにしとけば安心だったかも。GPUのATI Radeon HD 5670 (512MB) については、まぁ仕事用に買ったので、3Dゲームやフライトシュミレーターをする訳じゃないから、あんまりその恩恵を受けないかも。
まとめると、性能的にはあまり感激はしませんが、まぁ本当に普通に使えます(ストレスフリーと言った方がいいのかな?)。

なので、このiMacの売りはやはり、27インチの大画面という事になるでしょう。
こないだの日記でも言いましたが、この27インチ、65cm x 51.7 cmというサイズのため、かなりデカいです(同僚はみんな大画面テレビみたいだといいます)。私のデスクにはギリギリ入ったのですが、後ろのパネルに貼ってあったメモ書きが覆いかぶさって完全に見えなくなっちゃいました。
デスクの奥行きがそれほどないので、斜め方向にiMacを配置するのは論外。写真の通り、デスクの後部パネルにほぼ平行に配置しましたが、そうしちゃうと、iMacの後ろにあるUSBポートやFireWireポートへのアクセスがかなり悪いです。最悪といっていいかも。
なので、デカけりゃいいってもんじゃないっていうのが今回購入してみての教訓でした。ちゃんと自分のデスクにあったサイズのPCを買いましょう〜。

100813_163335一方、27インチという大画面の恩恵をうけて、解像度が2,560×1,440ピクセルになりました。私の高解像度なMacBookProの約1.5倍の解像度になりますが、基本広く使えてうれしいです。CADや論文などの図を書くお絵描きソフトは広々と使えるので、申し分ないです。メール、Safari、iCalも一画面に収まるので、よいんですが、高解像度化により全体の文字の大きさが小さく感じるので、各ウィンドウを大きめに表示しちゃって、結局画面が狭くなるような気がします。
それにも増して感じるのが、マウスの移動量の増加。大画面になったため、メニューバーやDockへの移動がかなりしんどいです。少なくともMagicMouseではしんどくてやってられません。
それを考えると、Magic Trackpadは秀逸です。ポインターの移動にマウスを持ち上げる必要がないので、大画面でも、ストレスを感じる事なく操作できます。MacBookシリーズと同じように、2本指でスクロールとピンチ、3本指でスワイプ、4本指でExpos��韻竜�動ができるので、ブラウザとかの閲覧に非常に便利。Magic Trackpadは27インチiMacのマストアイテムといってもいいでしょう。

100813_163208その反面、新しいApple Keyboardはイマイチです。薄くて軽くて、ワイヤレスっていう点は褒めてもいいですが、この新しいApple Keyboard一言で表すとするなら、ちゃちい。テンキー付きのキーボードに比べると、かなりこじんまりになるし、キータッチがしょぼい。ノートのキーボードならこの感触でいいかもしれないけど、さすがにデスクトップのキーボードがこれだと、お粗末としかいいようがないです。結局、MacMiniにつけてた旧Apple Keyboardをつけちゃいました。なのでサブディスプレイ用にしようかと考えてます。

<リンク>
iMac
Magic Mouse
Magic Trackpad
Apple Wireless Keyboard

仕事用にiMac (27インチ)を購入

100812_191513先月、色々ありまして、今まで使っていたMacMiniにアンチウィルスソフトをインストールしました。しかし、予想通りというか、なんというか、途端に愛機MacMiniの動作が遅くなりました。CPUはいにしえのPowerPC G4なので、当然と言えば当然の結果なんですが、これでは仕事にならないので、思い切って先日発売された新しいiMacの27inchバージョンを仕事用に購入しました。

今回は仕事に使う「ましーん」なので、あまり深く考えずに作業スペースだけを考慮し、一番デカイiMacにしたんですが、いざ届いてみると、あまりのもデカさにびっくらこいてしまいました〜ぁ。

正直、27インチという大きさをなめてましたよ。

(これはデスクに乗らないのでは。。。)


一番心配したのは高さ。上の鉄板の枠に当るんじゃないかと思いましたが、デスクにおいてみたところギリギリセーフ。だけど、横幅がかなり広い。以前はそれなりに広々と使っていたんですが、デスクに置いてたものをすべて取っ払い、配置。かーなーりーギリギリです。色々試して落ち着いた配置が、右手奥が新しい27インチiMac、手前が出張用MacBook。左手に置いたのが旧MacMiniです(将来的にはMacMiniを廃止し、LCDモニターをiMac用のサブディスプレイに使用予定)。もう、メモとか書くスペースがほとんどないっす。。。

現在、旧MacMiniのバックアップをとって、新しいiMacにデータを移行中です。
今回購入したiMacにはMagicTrackpadやWirelessKeyboardをつけたので、これらの仕様感も近日中にレポートしま〜す。

090203_090240
ちなみに異動直後のの配置(こんなに広かったのか〜!!)

新MacBook Proがやってきた

中国からのながーい道のりを終え、待望のMacBook Proが届きました。
1271686011

Appleから商品が発送されたというメールが16日に届いていたのですが、上海から発送されると初めて連絡がくるようです。でも、税関手続とかもあるので、発送日から実際手元に届くまでは4日かかります。ちなみにADSC営業所のADSCはApple Delivery Support Centerの略らしく、連絡先も東京の品川になっていますが、商品が品川にある訳ではなく実際は空港に届くと形式的にADSCに届いた事になるみたいです(おそらく税関手続などをやっているのだろうと勝手に想像)。

とにもかくにも今朝届きました。うれしい。

まず箱を開けて驚いたのは、パッケージングのさらに小さくなった事!
100419_094038
MacBookの時も小さくなったなぁと感心してたのですが、今回さらに小さくなってます。どこまで外箱の意味があるのかわかりませんが、その配達用の外箱の約半分ぐらい大きさです。

100419_094107
じゃじゃーん♪箱をみるだけでワクワクします。

100419_094234
箱を開けるとまず、MacBook Pro(ここらへんのパッケージングはいつものAppleらしい演出)。上に黒く見えるのは、ただの配送時保護用のスポンジ。

100419_094415
本体を取り出すと、アダプターと注文しておいたVGAコネクタ。そしてCD、マニュアル類が添付してあります。必要最小限のセットですね。どうりで箱も小さくなった訳だ。

しばし、充電して起動すると。
100419_104211

おぉぉぉぉ〜。
画面デカイ〜。解像度もよいです〜(Hi-Res 1680x1050にアップグレードしたからね♪)。広々かつ快適にデスクトップが使えます。
バックライトキーボードも初めての体験なんですが、ブラインドタッチができない身なので、夜中カチャカチャやるにはいいですね。
慣れの問題だと思うんですが、新しいマルチタッチジェスチャーのトラックパッドはまだ違和感があります。あとパームレスト下のエッジが効きすぎてて、文字を打っていると手首が切れそうなくらい痛いです。もうちょっとRをつけれなかったんでしょうか?

ちょこちょこいじってやってますが、まだ2.66 GHz Core i7の実力は見えてこないです。Parallelsが少し速くなりましたが、これはメモリーが倍に増えたからだと考えてます。
とりあえず現在は旧MacBookのTimeMachineデータを新MacBook Proに移し替え中。
終わったら、いろいろ試してみます。

ワンクリックしたのだ!

macbookpro

久々、PowerBook G4以来のフラグシップモデルなのだ。
早く来い!

衝撃!Appleの新製品タイムライン

500x_evoipad2

iMatは各家庭に1枚のマストアイテムですね!

元ネタ[BeGeek.fr via GIZMODO(US)]

【Apple Storeがアップデート中】出るか?MacBook Pro!(はずれ)

appleupdate

現在、Apple Storeがアップデート中!
みなさーん!まもなくワンクリックの時間ですよ〜。
来い!待望の新MacBook Pro!

【追記】
って思って期待してたけど、
Apertureだったか〜ぁぁぁ(がっくし)
livedoor プロフィール

hugolab

Archives
記事検索
QRコード
QRコード
Hugo on SoundCloud
My Old Blog
以前に作ったブログはファイルが壊れたため更新できなくなりました。以前のブログを見たい方は こちらをクリック
アクセスカウンター

    hugo's blog:今週の傾向

    • ライブドアブログ