写真 2013-02-28 7 26 06写真 2013-02-28 7 32 04
私の場合、髭がめっちゃ濃いので、日本製の電気シェーバーはまったく役に立ちません。ということで、大人になってからはずっとBraunを重宝しております。
だからといって永遠に剃れる訳ではなく、時間の経過とともに刃がシャープでなくなり、1年ぐらい経つとだんだん剃れなくなっちゃいます。まぁ毎朝極太の髭が剃られていくからね〜。

Braunが推奨する替え刃の交換は1年半毎。私のシェーバーは1年半経つと、液晶で交換しろという表示がでるはずなのだが、そいつがなかなか出ない。だけど、本当に最近剃れなくなってきたので、さすがに交換しなきゃいかんと思い、替刃をAmazonで購入する。通常売っている正規品は、5000円ぐらいするのだが、海外正規品の並行輸入ものだと4000円ぐらいなので、今回はそっちにしてみた。

製品番号が微妙に異なるが、今まで使っていた正規品(左)と海外バージョン(右)を見ても殆ど区別がつかない。じっくり見ると、穴の径が微妙に違うようだ(海外物の方が若干径が大きい)。
交換後、見違えるような剃り味。素敵だ。

剃り終わって、ふと液晶を見てみると交換しろとのサインが表示されていた。でないでないと思っていたやつがようやく表示されたようだ。2ヶ月ぐらいズレているような気がしないでもないけど。。。
ということでタイムカウンターをリセットする。

タイムカウンターのリセット:リセットボタンを3秒長押し(黄色LEDの点滅を確認後終了)

このボタンを再度押すのは1年半後である。生きているのだろうか?