hugo's blog,

No purpose, No design...

Parallels

【これで最後】Parallels Desktop 6にアップグレード

parallels6MacでWindowsを動かす事ができるエミュレーターは色々ありますけど、私はずっとParallelsを使ってきました。理由は特にないのですけど、あるとしたら惰性。最初に買ったのがParallelsってだけで、それ以来ずーっと、いわれたまんまにアップグレードしつづけてます。

こないだバージョン5にアップレードしたと思ったら、1年も経たないうちに6へのアップグレードの案内が。。。これはもう詐欺に等しいね。みるとようやく64ビット化を果たして、41%速くなったそうな。それはめでたい。前回のアップグレードは全く価値がなかったけど、これで最後と思いアップグレードしました。今は円高だしね。

アップグレードは、いつも通りの簡便さで難なく成功しました(バージョン3以降は楽です)。

何を根拠にしてるか解らんけど、WinXPの起動時間を見て41%速くなったか検証してみましょう〜。
(起動時間の定義は、WinXPを起動して、ログイン、InternetExplorerが動作可能になるまでの時間です)

【結果】
iMac (Core i3 3.2GHz, 4GB)
1分9秒(Parallels5)→48秒(Parallels6)30%速い

MacBook Pro (Core i7 2.66GHz, 4GB)
2分2秒(Parallels5)→1分33秒(Parallels6)20%速い

なんでMacBookとiMacでこんなに差が出るのかよくわからないのですけど、
41%まではいかないものの、ちょっとは速くなってます。メモリーのマネージメントはあまり改善してないような気がします。ということで、アップグレード50ドルの価値があるかは微妙です。
私はこれで最後にしようかなと。。。

MacでEdyをチャージ

100104_231955最近、Edyを使って買い物をする事が多くなってきたが、なんといっても便利なのはジャリ銭がいらないこと。
一方で一番不便なのは簡単にチャージできないこと。わざわざコンビニとかに行ってジャリ銭(というかお札)でチャージするのだ。これじゃあ、なかなか財布の中はコインレスにならない。

FeliCa(非接触ICカード)リーダーを買えば、クレジットカードでチャージできるというのは、知ってたんだけど、当然Macは非対応(ボケ!)。なんとかならんかなーと思ってたら、あ!、Parallelsでやればいいか!ということに気付きました。FeliCaリーダーの価格をネットで見ても、だいたい手頃な値段に落ち着いている模様なので、いっちょ買ってみました。購入したのはSONY製のRC-S330。e-Taxサービスにも対応しているらしいが、かなり評判は悪いので、そこまで使いこなすつもりは毛頭ない。

手順は、
1)ParallelsでWinXPを起動。
2)ドライバをインストール。
3)リーダーをUSBで接続(ParallelsがVMにつなぐか聞いてくる)
4)自己診断で動作チェック
5)SUICA等カード別のソフトウェアをインストール
6)残高照会やチャージ
と、いたって簡単。

ちなみに、SUICAリーダー(SFCard Viewer2)の機能はショボくて、残高と乗降履歴(20件分だけ)がでてくるが、チャージはできない(但し、ここで登録すれば、ウェブアプリ上できる模様/自身がもってるSUICAカードは未対応。。。)。
一方、EdyもEdy Viewerというウェブアプリを使って、残高照会&チャージができます。クレジットカードの登録に2日ほどかかりますが、このようにばっちしチャージできるようになりました〜ぁ。
charge

Parallels Desktop 5 for Macを買ってみた(結論:価値なし)

parallels5以前Parallels Desktopバージョン4にアップグレードして割にあわないと結論づけた私であったが、また性懲りもなく新しく出たバージョン5を購入してしまった(アップグレードバージョン)。新しいバージョンの宣伝文句が約30%の高速化と64bit化を謳っていた(と思っていた)からだ。でも実際はアップグレード時の騙し広告みたいなもんで、結論から言うと、全然速くなってないし、64bit化もされてなく、ただ64bitのSnow Leopardで動くとか、64 bit版Windows 7対応というだけであった。あまりちゃんと読まず騙された私も悪いが、ちょっと売り方が汚いと思う。
ちょっとはメモリマネージメントがマシになったかなとも思ったけど、実際はよりひどくなってて、メモリが2GBの私の貧弱MacBookじゃ、すぐに仮想ディスクを作ってしまう(バージョン4の時はParallelsのみの起動だったら仮想ディスク作らなかったのに!)。よって、処理速度向上が望めなかったのはそのためだと思われる。うーむアップグレードして損した。もうちょっとマシなマシン持ってたら、価値のあるアップグレードだったかも。。。でも確認しようがない(ちなみにXPをエミュレートしただけで、Vistaや7は試していません)

褒める点があるとすると、まぁ、新機能のCrystalモードとMacLook ThemeによりWINアプリがMacのルック&フィールに近づいたってこと(だけ)でしょうか?でも、Crystalモードができたのはいいけど、Coherentモードはなんかあまり意味のない機能になってしまい、その存在意義が薄れてきたような気がします。それでも私が主に使うのは一番ベーシックなWindowモードなんですけどね。。。ということで、私みたいに貧弱Macをお持ちの方にはParallels5まったくおすすめできません!せめてVer. 4でやめときましょう〜。

新しいParallels Desktop for Macは買いか?(結論:割に合わない)

224a40d1.jpg出ましたね〜Parallels Desktop 4

ParallelsはMac上でWINを動かすためのエミュレーターで
MacがIntelプロセッサーになってから一番最初にまともに
動いたエミュレターでもあります。
最近はVMwareFusionやCrossoverなど競争相手も増えてきた
Macのエミュレーター市場ですが、今回Parallelsはいちから
コードを書き直し、新Versionでは50%速くなったと
宣伝してます。

どんだけ速くなったんだろうと気になって、
またアップグレードしてまいました。
Ver4はまったく新しいアプリなので、前に作った
仮想ディスクをアップデートしなきゃいけません。
これがもうやたらと長い。おまけにエラーで絶対止まります。
私は7回目にしてようやくアップデートに成功しました。

この苦労を味わいたい人は
1。かならず、まえの仮想ディスクのバックアップをとる。
2。step2でマニュアルモードに入ったら、新しいデバイス
を検出したというダイアログが出ても全部キャンセル。
ParallelsToolsのウィンドウがでるまで待つ。
3。step2がおわると必ずエラーでアップデートが強制終了する。
この時WIN側でライセンス認証の手続きのダイアログが出ている
(これがエラーの原因)
ので、かならず『いいえ』を選択(マウスは動かないけどキーボードで選択)。するとアップデートが再開します。
4。step3,step4でもライセンス認証がでるので『いいえ』
5。step4が終わったら、無事アップデートが完了するはず!
6。ちゃんとWINが動いたのを確認してからライセンス認証をしよう

どうっすか?めんどくさいでしょ?
ネットでは史上最悪のアップグレードと言われてます。
ライセンス認証でスタックしてしまうってトホホですな。
おまけにトラブルシューティングには、この事はまったく
触れられてません。

さてこんだけ苦労したから、すんごい速くなったんだろうと
思いきや、使ってみると。。。
うーんよくわかんない。
まぁ50%というより5%ぐらいではないでしょうか。。。
メモリマネージメントも5%ぐらいよくなったかな?
コヒーレンスモードはちょっとマシに動作するようになったような気がします。

値段(40ドル)と手間ひまを考えると、あまりおすすめできないアップグレードでした。
(これでだいぶ客はVMware Fusionに流れるな)
livedoor プロフィール
記事検索
QRコード
QRコード
Google Translate
Hugo on SoundCloud
My Old Blog
以前に作ったブログはファイルが壊れたため更新できなくなりました。以前のブログを見たい方は こちらをクリック
アクセスカウンター

    hugo's blog:今週の傾向

    • ライブドアブログ