hugo's blog,

No purpose, No design...

Google

Google Mapsでみる飛行機の墓場


View Larger Map
アメリカのアリゾナ州に退役(?)した爆撃機や戦闘機の墓場があるそうです。何かの時のために保管してるのかどうかわかりませんが、これだけ並んでいると圧巻ですね。飛行機マニアの私としては一度は見学してみたいっす(見学できないんだろうけど)。

Mac OS X上でGoogle Chrome OSを動かしてみる

chrome2
数日前にGoogleがChrome OSを発表しました。巷では非常に速いとか、MicrosoftやAppleといったOSメーカーの終焉だとか騒がれてますが、その実力はまだ未知数。でも、そこまで大騒ぎするぐらいだから試したいのも人間の性(たんなる新し物好きともいう)。本来、Chrome OSはネットブックなどに組み込んで発売される予定ですが、ネットではすでにソースコードをコンパイルした仮想マシン用イメージディスクが出回ってます。具体的なインストール方法もネットでちらほら。MacOS XならVMWare FusionやParallelsでも試せるみたいです。ということで、早速インストールしてみました。

インストール作業はこちらのサイトを参考にしました。ただし、上記サイトではParallelsの最新バージョンで説明しており、私のちと古いParallelsと違うので以下で補足します(動作保証はいたしません)。「続きを読む」をクリックしてね。

個人的な感想ですが、まぁエミュレーター上で動かしてるのでキビキビ動くという訳にはいかないです。また、昔のOSのようにフォントがそんなにきれいじゃないので、見かけがダサイです。インターフェースもUNIX的でなんだかなぁって感じがしますなぁ。正直あまり好きになれないっす。
あと、このOSで何かが出来そう的なワクワク感がないです。まぁウェブブラウザ、スケジュール管理、メール、写真管理等の作業はできるのですが、これで作曲やらデザイン・お絵描き・3D・CADなどの「クリエイティブな作業」は出来そうな気がしません。
いまのところ、速くて(確認できず)、無料だという事以外に、既存OSの牙城を崩すような魅力的なOSであるとは到底おもえません。
続きを読む

金正日が住んでるとこも核兵器が作られてる場所もわかるマップ

いやーぁ隣人は選べないから困ったものですね。それは家も国も同じです。とくにお隣の国はミサイル打つは核実験するはでいい迷惑です。しかし、ニュースをみてもいまいちどこらへんで、核実験をやったのか、核開発がどこでなされているのかがイマイチよくわかりません。
そんな謎につつまれた北朝鮮がひじょ〜によ〜くわかるマップを作成した人がいます。作成したのはなんとアメリカの大学院生なんですが、webや協力者の情報を基にまた自ら北朝鮮を旅行することによってGoogle Earth上に北朝鮮情報マップを完成させました。その名もNorth Korea Uncoveredで、現在はバージョン17になってます。Google Earthでみましたが、かなり詳細で非常によくできてます。

金正日が住んでるとこも
kimjongil
ヨンビョンの核施設も一発でわかります。
yongbyong
特に核実験のサイト(写真とは別の場所)の横に強制労働収容所が建っており、政治犯・亡命失敗者などがかり出されていることがよーくわかります。おまけに真横でどかーんってやるんだろうなぁ。

プロジェクトのサイト
元ネタその1
元ネタその2

GoogleEarth用の北朝鮮情報開示kmzファイル直接ダウンロードはこちら(要Google Earth)

爆笑:Google Street Viewが捉えた武士VS騎士の壮絶なる戦い


大きな地図で見る
見た瞬間爆笑しました。
愛すべきバカふたりです。
livedoor プロフィール
記事検索
QRコード
QRコード
Google Translate
Hugo on SoundCloud
My Old Blog
以前に作ったブログはファイルが壊れたため更新できなくなりました。以前のブログを見たい方は こちらをクリック
アクセスカウンター

    hugo's blog:今週の傾向

    • ライブドアブログ