hugo's blog,

No purpose, No design...

東京モーターショー

IMG_7350
東京ビッグサイトで催されていた、東京モーターショーに行ってきた。前回行ったのが2009年だから、6年ぶりである。あの時は幕張だったから(?)、大して人はいなかったけど、今回は凄い人の数であった。こんなに車好きがいるのかって思うぐらい凄かった。

なんといっても今回の目玉は、マツダのRX-VISIONだろう。コンセプトカーとはいえ、人類最後(?)のロータリーエンジン車に乗っている身としては、久々にワクワクするようなニュースである。正直、これを見に行くために行ったようなものである。
RX-VISIONが実際どうなるかはよーわからんが、とりあえず報道写真で見た時の印象よりか、実物で見た方がカッコ良かった。

IMG_7341
こいつはおまけ。回転するコンセプトカーの横で、おねーさんが微動たりともしなかった事だけが印象に残りました。トヨタとホンダは相変わらずつまんなかったです。

あと、いすずのおねーさんが一番好みでした。以上

新しいランボルギーニがカッコイイ

aventador
まさしく、すーぱーかー。
オールカーボンモノコック。かっこよすぎ。

金持ちになりたい。。。

Lamborghini Aventador LP 700-4
ENGINE:カーボンに身を包んだファイティング・ブル!(XBrand Yahoo)

イタリア警察が誇るスーパーパトカー事故で大破

lamboAccident
イタリア警察が誇るランボルギーニ社製のスーパーパトーカーが大破しました。痛々しいけど、パトカーの豪快な事故なんで、なんか笑えます。どうやったらこうなるんだろう?

Lamborghini Gallardoですね。。。もったいない。

リンク:ランボルギーニパトカー事故/他の写真

正直(私には)まったく理解できない:衝突事故

091105_131439通勤途中の交差点で衝突事故がありました。強引な右折による事故のパターンだと思うのですが、直進車がなぜゼブラゾーンで止まってるのかが理解できません。ちなみに新車のベントレーっぽかったです。もったいねー。まぁヤンキーみたいな、ちんちくりんが乗ってたけど。現場検証中もずっと携帯電話かけてました。車の持ち主に言い訳をしてたと思われます(勝手に妄想)。

今日の出来事

noripiいやー。やってくれるな〜のりピー。
押尾学の上を行きましたね。失踪じゃなくて逃亡者だったなんて〜。子供かわいそう。
やっぱり捕まるときは『うっピー!いきまろ何?あたくピ、やってないピー。マンモスかなピー』というんだろうか?のりピー語辞典参照

090807_191141さて、そんな衝撃の一日でしたが、私、本日愛車の法定点検に行って来ました。最近乗ってないせいもあってか?いろいろ出ましたね問題点が。エンジンオイル、エアフィルターのよごれ、非常灯の有効期限切れ。バッテリーは要注意だそうです。1時間程待って、2万5000円也(思ったよりかかった)。あとサービスでやってもらったんだけど、ようやく、スタッドレスから夏タイヤに変えてもらいました。このスタッドレス17万円もしたけど、いいかげんに捨てたいなぁ〜。おかげで車は快調快調。夏タイヤにすると、すーっと走りますね(スタッドレスは進む時にちっと抵抗感があります)。

ちなみに点検終わった後、洗車をやってもらったんだけど、直後に雷雨。見ての通りびしょ濡れで、結局汚れちゃいました。まぁ私としたら、いつものパターンです。雨男の本領発揮です。

明日から盆休みです。マンモスうれピー♪
のりピー語辞典参照

夢を見た

工藤さんが愛車のランボルギーニカウンタックを新型のムルシエラゴに買い替えた夢を見た。う〜んさすが工藤さん♪センスが良い。
ランボルギーニは、ムルシエラゴLP 670−4によりスポーティな仕様と装備を充実させた『LP 670−4 SuperVeloce』を発表した。

 『LP 670−4 SuperVeloce』は、最大670馬力の高出力を発揮する6速マニュアルトランスミッションの6.5リッターV12エンジンを搭載し、最高時速 342km/Lを実現するスーパースポーツカーである。また、空力抵抗や高速走行での安定性などに重点を置いたボディデザインを採用し、レースカーを彷彿させるエッジの効いた鋭いボディは存在感をアピールするエクステリアとなった。

[asahi.com]

新しいMac miniの価格設定が思った程お買い得ではない事に少々ショックな私であった。おそらくこれで最後になるFirewire400付きの13inchMacBook(ホワイト)の方にしようかなぁ〜。悩ましい。

CVTで低燃費??

最近日産がTVCMでやたらと「CVTで低燃費」と強調してるが、なんでCVT=低燃費になるの?あまり関係ないんじゃないかと不思議に思ってググってみたら、あらら、そういうCMなのね〜。(個人的にはCVTが摩耗してきた時の燃費も気になるところ。燃費悪くなりそう。。。)

 日産やダイハツがテレビCMで謳ってますが、個人的にはCVTってカタログ値(=10・15モード)は良いけど実燃費はそうでもないんじゃね〜のと思っていたら<中略> 幾つかの車種のカタログ値(=10・15モード)を調べて見たら、ホンダ ライフも日産 モコも21.0km/L*2と同じだった。
 モコはスズキのOEMだが、これでCVTで低燃費っていうコピーはど〜よと思いつつ、いかにも低燃費というコピーのテレビCMを流している日産 ティーダを調べてみたら19.4km/Lとホンダ フィットの19.6km/Lより僅かだが劣っていた*3。<後略>

[ぇすの駄文]

<前略>もう1つは、「 CVTで低燃費 」 日産のCMであるが、CVTで低燃費にするのは難しい。 連続無段変速のCVTはエンジンのトルクカーブと合いにくく、それだけで低燃費を実現するのが難しいが、このCMではCVT=低燃費という固定観念の植付けをしている。 正しい日本語なら 「 CVTで且つ低燃費 」 だろう。
当然乗り方によっては全然低燃費を享受出来ない。 販売が苦しいのは解るが一度洗脳された一般人はなかなか御し難くなる。 CVTは低燃費なんでしょ?となる。 後世のためにも、もう少し真面目にCM打ってくれませんかね?

[目安箱:JARO案件]
「CVTで低燃費」はCVT=低燃費じゃなくてCVTで、低燃費なのね。
きたねー

ホンダスポーツカー、また一台消える

ホンダがS2000の生産をやめるそうです。
ホンダは、「S2000」の生産を、2009年6月末で終了する、と09年1月27日に発表した。

「S2000」は、FRという駆動形式や、50:50の車体前後重量配分などを実現したスポーツカーだ。1999年に販売を開始してから、数回のマイナーチェンジをしているが、フルモデルチェンジを迎えることなく生涯を終えることになる。

ホンダはスポーツカー「NSX」の生産を2005年に終了しており、それに続いての生産中止となる。
[J-CASTモノウォッチ]
スポーツカーを止めるんだったら、ハッキリ言って、ホンダの存在意義は無いと思う。どんどんブサイクな車を作り続けてつぶれて下さい。
livedoor プロフィール
記事検索
QRコード
QRコード
Google Translate
Hugo on SoundCloud
My Old Blog
以前に作ったブログはファイルが壊れたため更新できなくなりました。以前のブログを見たい方は こちらをクリック
アクセスカウンター

    hugo's blog:今週の傾向

    • ライブドアブログ