hugo's blog,

No purpose, No design...

愛車

リコール再び

ファイル 2016-09-20 23 48 05写真 2016-10-16 8 56 45
もう何回目になるんだっけ?

まず運転手席側のエアバッグ交換(暫定措置)
次に同じところの本交換

そして今度は助手席側。さすがに抵抗かましてエアバッグのスイッチを切るという暫定措置(写真左)はアホらしくて行かなかったけど、これでリコールは3回目になる(暫定措置やっていたら4回目)。

リコールに別に文句はないんだけど、それにしてもタカタ大丈夫か??
よくつぶれないな。

リコールその2

写真 2016-02-09 8 24 48うちのRX-8くんの話です。
昨年、運転席側のエアバッグのリコールがあって、(暫定措置として)インフレーターの交換を行ったのだが、やっぱりダメだったようで、再度リコールの通知がやってきました。

ということで、ディーラーのところに行って、また交換してきました。
そして、ディーラーに着いたら、交換待ちの車でいっぱいでした。

タカタ大丈夫かいな?

エアバッグは「助かったらラッキー♪」な感じで保険みたいなもんだと思うので、まぁそんな大騒ぎせんでもええのとちゃうのと思うのは私だけなんでしょうか?
そもそもエアバッグが出るような事故起こすなよと思う今日この頃です。
安全装置のメーカーって大変やなぁ。

起動せず

写真 2016-01-04 14 50 31あけましておめでとうございます。

正月に帰省したのですが、帰る直前に愛車のRX-8が故障してしまいました。
エンジンを始動させてもセルが回るだけで、うんともすんとも起動しない。
バッテリー電圧は12.5Vと普通なので、どうもプラグがかぶってしまったようです(初)。
おそらくその前日に車が暖まらないままちょっと動かし、エンジンを止めてしまったのが原因ではないかと思っています。

帰省先の関西マツダが三が日休みだったので、ディーラーの初売りまで何もする事ができず、結局帰れなくなってしまいました。
4日になってJAFを呼び(これも初!)、ディーラーで待つ事1時間、無事始動しましたぁ。

途中、高速道路でまた故障しないかとドキドキしましたが、なんとか無事帰ってきました。

で、それから何もなかったのだが、
一昨日、例の関東マツダのちんぴらにーちゃんから電話がかかってきた。
ちんぴら「関東マツダです〜。お車が故障されたそうで〜。」
おおしま「はい。関西マツダにはお世話になりました。」
ちんぴら「今年、車検ですよね?新しい車などはいかがでしょうか?」
おおしま「特に考えてないです〜。て、車検半年後ですよね?」
ちんぴら「はい。調子が悪いという事なので、どうですか?最近、欲しい車ありませんかね?」
おおしま「ふぇら〜りが欲しいです。。。」
ちんぴら「それはうちではお売り出来かねます。。。」
ふだんはロクな仕事しないくせに、人の車の調子悪いときだけ、すぐに電話しやがって。
お前の策略には乗らんぞ、ちんぴらにーちゃん!


今年もよろしこ。


エアバッグ

写真 2015-11-26 9 30 31
うちの車は11年目のRX-8なのだが、(いよいよボロくなってきたのか?)助手席のダッシュボード部・エアバッグを覆っているラバー製のカバーに切れ目が入ってきた。

この現象は昨年あたりから見え始めており、今年になって切れ目が進行している感じがする。
夏場はこの切れ目は見えないのだが、寒くなってラバーが縮んで、切れ目がくっきり現れるようだ。
エアバッグ自体には影響ないと思っているのだけど、この切れ目が進行するとそのうちカバーがバコっと外れるのではないかな?と危惧している。
エアバッグを見ながら走る事になったりして〜。。。
それとも、パカッと開いてグローブボックスに使えたりして!!ちょっと楽しみ〜〜〜ぃ。

ちなみに、タカタのエアバッグインフレータはもちろん入っており、
「Takata Inside♪タカタ入ってる♪」

リコールの対象になったため、先々月に交換は済んでいる。(但し運転席の方のみ)

8年越しのタイヤを交換

写真 2013-05-27 16 07 02現在の車に乗り始めてからかれこれ8年ぐらいが経つのだが、これまでタイヤを交換したことが一度も無かった。
最近、スリップサインまで約1.0mmぐらいのところになってきたので、さすがに交換するかぁという気になってきた。

車を買った当初からついているタイヤはブリヂストンのPotenza RE040(サイズ225/55R16)。特にRE040に文句はなかったので、次も同等レベルの性能のタイヤでいきますかぁ〜と思い、ブリヂストンのHPを見ると、もうすでにRE040はなかった。(8年も経ったらそりゃそうか)
現在のPotenzaのラインナップでいうと、RE050S001が同等クラスのタイヤのようだ。しかしRE050の方は車に合うサイズのタイヤがそもそも無いため、結局ブリヂストンではS001しか選択肢が無かった。おまけに結構お高い。

いくつかのお店で見積りをお願いしたが、工賃込みでだいたい12万円ぐらい。うーんなかなかボディーブローにくるお値段である。
某黄色いお店はひたすらダンロップのDirezza DZ101をすすめてきて、S001と比べるとかなり安い値段を提示してきたのだが、ネットで調べるとかなり酷評されていたので悩ましい。
数日悩んだ挙句、結局、初志貫徹S001を購入する事にした。

交換自体は約1時間で終了。左右のタイヤを比較するとトレッドパターンが逆になっていたので、おいおい、これローテーションの方向間違っとんのちゃうんかいと思ったけど、説明書きに
S001/RE050は左右非対称で回転方向指定のないパタンとなります。
 「INSIDE(内側)」「OUTSIDE(外側)」の表示に従って装着してください。
と書いてあった。
な、なんと最近は左右非対称なのか!と驚く。でも、トレッドパターンが左右で逆方向ってなんか不思議(片方の方向に曲がって行きそうだと思うの私だけ?)。とりあえず、整備士さんにいちゃもんつけなくてよかった〜。。。



さて、いろいろゴチャゴチャ書きましたが、
結局のところ、新しいタイヤの履き心地はというと。。。

正直よくわかりません!

コーナーリングのグリップは格段に上がったけど、
S001の本来の性能からくるものなのか、ただ新しいタイヤだからなのか、よくわからん。一方で、直線の加速は若干鈍くなったような。。。でもこれは、現在10%増しのタイヤ圧のせいかもしれないので、もうちょっと走ってみないと、まだ判断がつきそうにない。フィーリングはだんだん良くなって来ているような気はするけど。

いずれにせよ、新しいタイヤはいいね♪
満足満足。さーて、次も8年もつかなぁ〜。。。

新車

写真 12-07-10 9 52 46
マツダのベリーサといいます。今日からこれが私の車です。

まぁどんな車かといいますと、
カーグラTVの松任谷さんと田辺さんが乗ったら発狂しそうな車です。
田辺憲一「どうですか〜ぁ。松任谷さん。」
松任谷正隆「う〜ん。なんというのですかね〜。この〜ぉサスはふにゃふにゃ〜。なんかこのぉ〜。締まりのないトルクというか。う〜ん」
田辺憲一「これは。。。正直に言うとね。あの〜。私たちが求めない。車というか。。。」
松任谷正隆「高重心。乗り心地はふらっとぉ〜」
田辺憲一「まぁ、松任谷さんはこの感触、毛嫌いすると思いますけど〜」
松任谷正隆「これは...駄作の予感ですね」
とりあえず、こんな感じでしょ。
(これ、わかる人いるんだろうか...)

ちなみに愛車のRX-8は車検で、ディーラーにこの代車を提供してもらいました。松任谷さんと田辺さんはボロクソでしょうが、見た目に比べてまぁ良く出来てます。キックダウンすると意外にスピードがでます。所内の警備員に睨まれるぐらい。小回りもききます。でも私ならこの車たぶん買わないっす。。。



車検から返って来たらRX-8は8年目に入ります。最近はチンピラにしか見えない、ディラーの若いにーちゃん(私の営業担当)もひたすら新車をすすめてきます。
ちんぴら「大島さん、新車どおっすかぁ〜」
私「えっ?新車?だってマツダ、ロータリーやめるんでしょ」
ちんぴら「そうなんですよぉ〜。でも、すかいあくちぶなんていかがでしょう?」
私(心の叫び)「う〜ん。でも最近のマツダ、デザインが他社のパクリのつまんない車ばっかりだからなぁ」
私(作り笑顔)「う〜ん。新車買うイメージがわきませんわ〜。エイト乗りつぶそうっかなぁ」
ちんぴら「そう言わずお願いしますよぉ〜。パンフレット渡しておきますね」
という感じで、パンフレットもらって、思わずその気になってしまう私であった。
う〜ん。CX−5いいかも〜ぉぉ

いかんいかん。危うく一杯食わされるところだった。
買わんぞ。ちんぴらのにーちゃん。

仙台のディラーの時もそうだったんだけど、サービス担当はさわやかで感じの良い人なんだけど、どうも営業担当とはいつもウマが合いません。なんでだろう。

イグニッションコイル交換

no title車のディーラーに行ってきて、問題のイグニッションコイルを交換してもらった。
所用時間は30〜40分で、見積りよりも少し安くすんだ。

交換済みの古いイグニッションコイルが添付の写真なのだが、傷んだ(右の)コイルの方が熱で白く変色している。
交換した新しいコイルは先月より導入された改良型らしいので、もうちょっと長持ちして欲しいものだ。

正直、コイルが壊れているとは思わなかったが、交換してからは、高回転時の加速の延びがよくなったような気もする。まぁ単に心理的なものでしょうが。

エンジン不調

写真 12-02-27 9 03 13週末、千葉の房総半島に行った訳だが、道中、車のエンジン警告灯(エンジンチェックランプ)が点灯した。実はこいつが点いたのは2回目。一度目は数ヶ月前なのだが、次の日に消えたのでまぁいいか放っといてしまったのだ。

さすがに2回目はまずいだろうと思い、ディーラーに持って行ったら、エンジン部のイグニッション・コイルの4つのうち1つが熱で焼き切れているとの事。
全取替を推奨されて、修理代は工賃込みで3万6千円なり。うー痛い。

結構壊れるもんなんですか?とディーラーに聞いてみると、「冬場は特に多いですね〜。エイトで今年はうちでも4、5件あります」と。。。(おいおい、それ何か根本的になんかおかしくないかい?エンジンの熱でお亡くなりになるって事か)
仕方ないので、部品取寄せで後日修理という事になった。うー痛い。

ちなみに、4つのコイルのうち1つが焼き切れても走り続けるというのは、ジャンボジェット機のジェットエンジンが1つ壊れても飛び続けられるのと、おんなじセンス??
あ、でも1ローターで点火プラグ2個だから、止まっているというよりも不完全燃焼って感じか。

ロータリーエンジン(WIKI)

某人物&ご一行様(の車)に遭遇

出張から帰ってきて、今日は久々の仕事場出勤。2週間分の書類とかパソコンとかお土産とかがいっぱいあったので、職場まで車通勤をする。だけど、いつもはすぐに通れるはずのところで渋滞に遭ってしまう。あまりにも進まないので最初は事故か(?)と思って前方を見ても特におかしな事はない。そして、これまた不思議なのが、手前の交差点の信号は動いているのに、その先の左折すべきところの交差点がずっと【赤】のまんまなのだ。そのうち変わるだろうと思っても、ずっと【赤】のまんま。
BlogPaint
おかしなことがあるもんだなぁと不思議に待って、10分ぐらい経っても、まだ【赤】のまんま。警官がウロウロしていたので、信号機のトラブルかな(?)と思ったのと、イラチな性格で待っていられないので、急転回して迂回路をすっ飛ばしながら、【赤】の信号を回避できる交差点を目指すと、前方にて黒塗りの高級車が数台横切る。
BlogPaint
一番前の車にSPが箱乗りしているのを見て、ようやく事態を理解する。「あ、要人なんだ」と。おまけに走っていた側道から合流するように左折すると、そのご一行様の真後ろについてしまった。
ここでしばし頭を働かせる。
1)黒い高級車の一団
2)SP付き
3)信号がずっと【赤】
4)職場は朝霞の近く
あっ!総理大臣か!
そういえば朝霞の公務員宿舎を視察にくるってニュースでやっていたような...

待てよ...
1)猛スピードで交差点に突っ込んできた(法廷速度は守ってますよ
2)箱乗りしていたSPと目が合った
3)真後ろに付けてしまった
4)おまけに宮城ナンバー
怪しさ満点ではないか!

ご一行様は朝霞に向かっているので右折レーンに、私はすでに遅刻していて急いでいるので直進&左折用の左側レーンに...
まぁいいや、ついでだから横につけて顔を見たれと思った瞬間。
BlogPaint
おーぉ!見事なブロック!
両レーンを使って俺様を行かせないか!!やるね〜SP!
だけど、左側レーンがガラ空きにも関わらず、右折レーンのご一行様は信号待ちなので私進めないんですけど...
おまけにサイドミラーでめっちゃ確認してるし、ナンバーでも調べているところかな?
(早く行けよって感じである。写メでも撮ろうかなと思ったけど、さすがに撃たれそうなので止めといた。)

また足止めを食らって、ようやくご一行様の右折が完了。で、私もようやく無事に出勤ができました。
20分遅れで...

で、ニュースをみると視察はたったの15分。この15分のために俺は20分も待ったのか...
だいたいね〜。事業仕分け食らって、そのまま執行したのアンタじゃないの?それで凍結ですか...どんだけポリシーないねん。

でも、埼玉県でも信号って制御できるんだね!ちょっと感動したよ(ムカついたけど)。

(おわり)

どひゃー!マイカーが雪まみれ

mysnowcar今日は長年懸案だった論文のドラフトを書き上げ、共同研究者になげた。NJR先生からはゴーサインが出ているので、あとはその人のコメントを待つばかり。

メールを送って、さて帰ろうと思って、ふと回りを見渡すと同僚はいなくなってた。今日は皆さん早く帰宅したのか〜ぁ、なんでやろう〜、と外へ出てみると。。。雪がガンガン降ってる。
げえぇぇぇっっ!夜から雪降るとは予報で知ってたけど、こんな降ってるとは思わなんだ。そして、何故か今日は車で来てしまってて、駐車スペースにたどりつくと。車は雪まみれで4cmぐらい積っている。これはヤバい。というかこんなに車に積ったの仙台以来かも。トランクから昔使っていた雪かきブラシを取り出し、雪を取り除く。こんな事をやるのはめっちゃ久しぶりで、嫌な思い出をいっぱい思い出しちゃった♪スタッドレスはこっちに来て処分したので、ノーマルタイヤ(というかほとんどスリックと言っていいほど溝が減ってるタイヤ)で研究所内の雪道をノロノロ運転。幸い滑るほど道は凍ってなかった模様。

研究所を出ると道もめっちゃ混んでて、帰路はいつもの倍以上の時間がかかっちゃいました。あぁ疲れた。

【今日の教訓】同僚がいつもより早く帰っていたら要注意。
livedoor プロフィール
記事検索
QRコード
QRコード
Google Translate
Hugo on SoundCloud
My Old Blog
以前に作ったブログはファイルが壊れたため更新できなくなりました。以前のブログを見たい方は こちらをクリック
アクセスカウンター

    hugo's blog:今週の傾向

    • ライブドアブログ