ちまたの電気屋さんはエコポイントで大盛況らしい。エコポイントちゅーのは環境省・経産省・総務省がグルで経済危機対策のために『地球温暖化対策の推進、経済の活性化及び地上デジタル放送対応テレビの普及を図るため』のもの(らしい)。エコポイントと言うわりには、見ての通りあまりエコとは関係ない。正式名は『エコポイントの活用によるグリーン家電普及促進事業』だ。
環境省が家庭部門の温室効果ガスを削減するため、ひとりひとりの取り組みを促す『エコ・アクション・ポイント』とは全く別物らしい(名前が似てるのでかなりまぎわらしい)。
さて、この事業のおかげで、環境にいいとされる家電製品を買うとエコポイントちゅうのがもらえるということで、電気屋さんが大盛況らしい。エコポイントがなにに還元できるかまったく決まってないのだが、とりあえず大盛況らしい。このご時世、大変よろしい話だが、このエコポイントの還元金にどーせ税金が賄われるんだろうなぁ〜と思うと、なんかビミョー。家電製品を特に買いたくもない人の税金が買いたい人のために使われるちゅうのも、なんなんですかねー。エコカー減税といい、ただ名前にエコを無理矢理つけた、たんなるバラマキやね。エコバラマキに名前変えたらどうでしょう?
そもそも家電製品や車を買う事でゴミが増えるのに、どこがエコなんじゃ。立派な環境破壊だと思います。