hugo's blog,

No purpose, No design...

2011年12月

池袋でYKNK!

111202_213028TKNBさんと焼肉を食いに行った。当初の目的はF1の反省会だったのだが、肝心のFJTさんが急遽出張で不参加になったため、なぜか焼肉を食いに行く事に(私が食いたかっただけというウワサ)。最初は本郷三丁目の焼肉ジャンボに行こうとしたが、22時まで予約でいっぱい。結局、目的地を池袋に変更し、ヤマダ電機内にあるKollaBoという店に入る。どうやら色んな店の寄せ集めらしく、店の名前の由来【コラボ】もどうやらそれから来ているようだ。まぁ肉しか食わなかったので評価し難いけど、肉はいたって普通って感じ。チゲとかも食ってみるべきだったかもしれない。生マッコリは微炭酸でおいしかったけど、やっぱ梨マッコリがないとね〜(梨中毒者の主張)。

締めは西口にあるラーメン屋の暖暮ってところ。酔っぱらってて良くわからなかったけど、しょっぱかったような気もするが、替え玉をしたって事は美味しかったのであろう。もうお腹はパンパン。

ますますナゾな実験結果

111202_141239今日朝一で実験室に入ってみると、超マグの液体ヘリウムが涸れていた。どうも昨日インサートをつっこんだまま帰ったのが敗因だったようだ。いそいで予約していた液体ヘリウムベッセルを受け取りに行き、マグネットにトランスファー。次に光検出器にも液体ヘリウムをトランスファー。なんやかんやで午前中がつぶれてしまった。

午後からいよいよ測定開始。100GHz、200GHz、400GHzととったけど、周波数依存性がますますナゾな結果に。ファラデー配置とフォークト配置の依存性があるのかな??うーむ。。。
とりあえず何かヒントがあるかもしれないので、来週Kaバンドもとってみるか。。。

という事で、ナゾが多いけど、なんだか面白くなってきた。

今夜は金曜日!久々にTKNBさんと飲み&YKNK!

てんやわんやな実験準備

111201_180547本日は、明日のための実験準備。前回の予告通り、新たに作製したファブリペロー共振器のテストも兼て、某研究室試料のサブミリ波ESR実験。
試料を共振器内に入れ、共振器をプローブにセットする(写真)。
【なんじゃコレ?と思った人への解説】
写真でいうと、発振器から放たれた数百GHzの電磁波が(パイプを伝って)上からやってきて、緑の部分(共振器)で乱反射して、試料にあたった電磁波のみが最下部の反射板で跳ね返り、また(パイプを伝って)上の方に戻り、検出器でその電磁波の強度を測る仕組。ESRというのはただ単に試料に磁場をかけた時の電磁波の強度の変化(磁気共鳴)を見るのだ。


しかし、これらをインサートの中に入れようとしたら、カツン。。。「あっ」、長さが足りない。。。
がびーん
ファブリペロー共振器を設計したまでは良かったが、通常の仕様より100mm程長くなったため、そもそもコイツらがインサートに入らない。。。
ようが設計段階でインサートの長さをまったく考えていなかったのだ(痛恨のミス)。マヌケ過ぎ。

急いで手持ちのKF40のスペーサーを探すが180mmと微妙な長さ。とりあえずこれでいいやと思って、この見つけたスペーサーをかまして、インサートの真空引き。そして、液体ヘリウムがたっぷり入った超伝導マグネットに挿入すると、カツン。。。
がびーん(2回目)
スペーサーがやっぱり長過ぎて、今度は超伝導マグネット槽の底にあたってしまう(底がこんなにギリギリだったとは)。この位置で突っかかると、試料スペースがマグネットより外になってしまい、これでは実験にならない。

ということで新たなスペーサー探しで、研究室を右往左往。
諦めて自分で作るかぁと心が折れかけた瞬間、TJMさんの遺品の中にKF40のティーを発見!長さもギリギリOKな感じ。
そして、マグネットに入れると、無事試料スペースが磁場中心にちゃんと納まった。セーフ。あと5mm長かったら、またカツンと言っていたところだった。

とりあえずあたふたしたけど、これで明日は実験ができそうだ。
まだ天は我を見放していない。ついてるついてる。

(マニアックな投稿が続いていてスミマセン。実験強化週間なので許してチョ)
  • ライブドアブログ