hugo's blog,

No purpose, No design...

2009年07月

おそるべし床屋

いやー暑いっすね〜。
もう暑すぎたんで、髪切りたくて切りたくて。
でもいつも行ってる床屋忙しくて行けないし。。。

でも実は仕事場の所内に理容室ちゅうのがあるんです。
いままで行った事はなかったんですけど、噂には聞いてたんです。
はい。
なんで、今日お昼休みに床屋に行ったんです。噂のとこ。。。

なんせ初めて行ったんですが、場所が分からない。
ここかなーと思ったんですけど、
おばちゃんがくつろいでて休憩室にしか見えない。
でも周辺色々探しても、その休憩室みたいのしかないので
おそるおそるドアを開けたんです。

『ごめんください〜い』

おばちゃん二人がリクライニングシートの上でネッ転がってる。
一人はネッ転がりながら携帯メール、もう一人はテレビでチャングムを
見てる。かなり暇そうだ。

チャングム見てたおばちゃんはあわてて、リクライニングポジションから
普通のポジションに椅子をウィ〜んと戻して、出迎えてくれる

『いらっしゃいませ〜』

出迎えてくれたおばちゃんの髪型はいにしえのテクノカット。
最近ではなかなか見ない髪型である。もう一人のおばちゃんは
隣の椅子でまだメールを打ち続けている。

『どうぞどうぞ座って下さい〜』
『よろしいですか?』
『眼鏡はこちらに』
『あ、はいはい』

先ほどおばちゃんがネッ転がってた温もりを感じつつも
椅子に座る。

『どういたしましょうか?』
『暑くて鬱陶しいんで短めにしてもらえます?』
『どのぐらいきりますか?』
『まぁ適当に短く、前髪がかからんぐらいで』
『バリカンは?』
『あー使ってもらってかまわないですよ〜』
『あらそう?よかった〜助かるわ〜』

おばちゃんバリカンをどっかからもってくる。
もう一人のおばちゃんは私の存在を無視しながら、隣の椅子で相変わらずメール。たぶん休憩しに遊びに来ているおばちゃんだろう。

バリカンのおばちゃんは非常にぎこちない手つきで私の後ろ髪を刈り始める。
うーむなんだか嫌な予感。
うぃーん。うぃーん。ジョリジョリ
うぃーん。うぃーん。ジョリジョリ
うぃーん。うぃーん。ジョリジョリ
うぃーん。うぃーん。ジョリジョリ
なんかすごい勢いで刈られていく。

『じゃ、刃をかえなきゃね』

私に同意を求めてるのだろうか?

うぃーん。うぃーん。ジョリジョリ
うぃーん。うぃーん。ジョリジョリ
うぃーん。うぃーん。ジョリジョリ

『つぎは3番刃で』

えっ?まだ刈るの?

うぃーん。うぃーん。ジョリジョリ(以下略)

『じゃ最後の刃ね』

げ〜!まだあるんか。ちょっと不安。
うぃーん。うぃーん。ジョリジョリ(以下略)

バリカンが終わると、今度はハサミでジョギジョギきりはじめる。
大丈夫かいな。それもスゴい勢いで。
隣のおばさんは相変わらずメール。

切ってるおばちゃんは、どんどん無口になって、バンバン切ってる。
でも眼鏡がないので、どうなってるかよくわからない。大丈夫か?
チャングムがあいかわらずテレビで流れてるんだけど、
おばちゃんの集中力が切れるのか?突然チャングムを消して
クラシック音楽をコンポから流し始める。
それに拍車がかかって、さらにバンバン切ってる。

最後の方になって、おばちゃんは自分を納得させるように
『うん、こっちの方が絶対ステキ。うん。絶対そう』
その自分で納得なんだか怖いんですけど〜
『このあたまのラインがはっきりしてね。うん』

あたまのらいん?
いま
頭のラインって言いました?

おばちゃん、どんだけきっとるねん。
すごい不安。早く眼鏡かけたい。ぼっやっと鏡で見えるんだけど、なんだかエラい事になってるような気がする。

突然、隣のおばちゃんがムクっと起きあがって、どっかへ立ち去る。
やっと休み時間もおわりか?いったいどんな仕事してるんだろうか、このおばちゃん。

『いやーステキ。こっちのほうがいいわよ〜』
いいから早く眼鏡かけたい。
『あと、ココもう少しね』
まだ切るんかい!
ジョキジョキジョキジョキ

『うん。いい』
どうやら納得したようだ。
ボンヤリ見えるんだけど、なんかおばちゃんのテクノカット並みの短さになってるような。。。

『では、おねがいしまーす』
すると、メールおばさんが突如後ろから現れ、
シャンプータイムに。。。

げーっ。このおばちゃんらコンビやったんかぁ!!!
おそるべし、コンビ。というか俺客やぞ客。
ずーっとメールしてたぞ。

ほんでもって、髪を洗ってくれるんだけど、
まだ最終型がわからない。
『あとでセットしてから、またあわすから』とテクノカットおばちゃん。
これ以上どこを切るんじゃ。もうだいぶ頭軽くなったんですけど〜。

『私たち、もうここで33年やってるんですよ〜。生まれてました?』
うーむ辛うじて生まれてる。というか33年の技術のみじんのかけらもない。

ジョギジョギ(最後)。
『は〜い。お疲れさまでした〜』
どれどれ?(眼鏡をかける)

『おーーーーーーーっっ』
『よーさん切りましたねー』
『いやーすごいステキ。ぜったいこっちの方がいいから』
だからその力説、すごくむなしくなるんですけど。

それにしてもスゴい。こんな短くなったの人生初めてかも。。。

『じゃ2000円になります』
うーん安いような。高いような。
『このノートにも記名して下さいね♪』
どうも客で来た人のログのようだ。
最後に書いた人は、7月24日。
『今日何日でしたっけ?』
『30日です』
『。。。。。。。。。』


どうりで暇な訳だ。
うーむ納得。
『またのお越しをお待ちしております』
『これだと次回まで当分大丈夫だと思います』
てな感じで店を去る。


で、
ちなみに周りの人の反応は。。。
『夏らしいんじゃないんですか?』
『大島くんきったね〜』
『あっこ行ったんですか?』
といった感じで
『ステキ』っていってたのは、切ってくれたおばちゃんだけでした。

↓↓↓↓↓みなさんどう思いますか?コレ↓↓↓↓↓
090730_233256090730_233349

シューマッハー復活

こないだのF1ハンガリーGP予選のとんでもない事故で当分出場できなくなったマッサですが、

マッサが復活するまでシューマッハーがヨーロッパGPから出場するそうです〜。鈴鹿でシューマッハを見たい気もしますが、マッサがんばれ。

これが日本の美か?

これが今年のミスユニバース日本代表の衣装だそうです。

ここまでくると、もうお下品きわまりないですね〜(タカピー風)。美のかけらもないと思います。たしかミスユニバースは水着、イブニングドレス、民族衣装審査があって、これはおそらく民族衣装だと思われます(たぶん)。結局、ミスユニバースの日本代表って、白人がみる日本女性のイメージなんだよね。昨年か一昨年のどっかの国の代表みたいに出場拒否すべきだと思います。
ミス・ユニバース日本代表の宮坂絵美里さん(25)が世界大会で着る衣装について、「下品だ」「売春婦のようだ」といった批判が殺到している。衣装制作に関わった老舗呉服屋や織元も怒りを隠さない。一方で、「海外うけする」と見る専門家もいる。 問題になっているのは、 ...

[J-CASTニュース]呉服屋も帯返せと言ってます。

[サンスポ記事]こっちは好意的記事。斬新だそうです。

今回のベストショットinドレスデン

出張先のドイツから帰ってきましたよ〜。成田空港は夏休みのためか(?)入国審査場は人でいっぱい。外に出るまで、いつもの3倍以上の時間がかかりました〜ぁ。
え〜さて〜、いつも以上に真面目に講演を聞いてしまったため、今回はあまり写真を撮れませんでした。愛機GRデジタルIIを使いこなせないまま、ついに新しいGRデジタルIIIが出てしまいましたが、今回出張先のドレスデンで1枚だけいい感じの写真が撮れました。
R0011480
こんなんが何枚も撮れたらいいんだけど、所詮素人。そんな世の中甘くはありません。

帰国

75e63dc2.JPGドイツ最後の食事はやっぱこれでシメっす。

ラボツアー:ドレスデン強磁場研究所

090725_180231090725_172908ドレスデンリサーチセンター(Forschungszentrum Dresden:略称FZD)内にある強磁場研究所の見学に行って来ました。ドレスデン中心街からバスで約30分。緑に囲まれた環境の非常によいところにドレスデン強磁場研究所はあります(まぁ言い方を変えると周りに何もない)。ハイブリッドマグネットとかはないんだけど、なかに入ると、超伝導マグネットとパルスマグネットがゴロゴロ。測定装置も数千万級がゴロゴロ落ちてました。こんなに色々あるのにSQUIDとPPMSも各2台ちゃっかり配備されました(本当に使うんかなぁ?)。新しい研究所ですが、とりあえず欲しいもん買いまくりましたって感じです。スゴい。パルスマグネット用のコンデンサーバンクも柏級にでかく、おーって感じです。パルス磁場発生装置のための安全設計がいたるところになされてる事、FEL(フリーエレクトロンレーザー)もあり、とにかく感心しっぱなしのラボツアーでした。ここはほんまスゴい。

ZNMTくんは巨大FRP(厚さ約50mm)を見てご満悦。
090725_164117

RHMF最終日

090725_131208強磁場の国際会議RHMF2009も最終日。私のくだらないポスター発表も、ハンガリー人にネチネチいじめられたけど、午前中に一応終了。打ち上げランチは会場近くのボヘミア(チェコ)料理のWenzelというジモッちーの有名店。そこでグラッシュをいただく(左写真)。ビーフシチューなんで普通にうまかったす。ここら辺(ドイツ〜東欧)料理は、おいしいんだけど基本重い料理が多いです。芋とか芋とか芋。メインディッシュからデザートまでしっかり頂き、RHMF会場最後のセッションに戻る。
RHMFは基本物理の会議なんですけど扱ってる分野も幅広く、強磁場コミュニティーの最近のトレンドがだいたいわかったので結構有意義だったかも〜。やっぱ国際会議は今回のRHMFのように3日ぐらいがちょうどいい感じがします。会議1週間はやっぱダレるしやっぱ長いです。

090724_220704ちなみに今回のカンファレンスバンケット料金は50ユーロ。ドレスデンのエルベ川沿いにあるWestinHotelでやったんだけど、ビュッフェスタイルで参加者の半分ぐらいしか座席がなく、あとは立ち食いという悲惨な状況。メシの内容もあまりパッとしなくて、これで50ユーロかよ〜と文句タラタラだったんですけど、食事がおわった後、みんな外の川沿いに出されて、花火大会が始まる。どーせすぐ終わるだろうと思ったら、これが10分ぐらい打ち続けてました。なるほどバンケット代ほとんどこれにつぎ込んだのね。なっとく。
本当は花火を見て解散のはずだったんだけど、ワインボトルがいっぱい残ってたので会場に居座り続けて、飲み続けてました。最後は0時にRHMFのチェアマンに早よ帰れと諭されて、仕方なくホテルに帰還。50ユーロ分は取り戻した(はず)。

ショック!ドイツではガンダムが見れない。

毎日1話ずつ更新されるガンダムですが、予想通り出張先のドイツからまったくみれません。4話分見逃してしまうので、かなり痛いです。あー!ガンダムみたーい

RHMF初日

090723_184013強磁場の会議RHMF2009にきてます。初日の講演は主に超伝導、低次元系、ナノでした。ポスターが夕方にあり、NJR研のM2、ZNMTくんがポスター発表しました。非常に熱心な外国の学生に囲まれて、大盛況なポスター発表になってました。

その後行ったタイ・ベトナム料理グッドフレンズという謎の名前のレストランはまぁまぁでしたけど、かなりしょっぱかったです。この大盛りご飯とビールがなかったら厳しかったかも〜。日本むかし話みたいな盛り方です。
それをかんがえるとお昼に行った、"Watzke"というドイツ料理の店の方が良かったかも(残念ながら写真撮り忘れ)。(NSJMさん、あまりメイン駅には行ってません。)
090723_200305

初日のディナーinドイツ

455d6576.JPGドイツ・ドレスデンに着きました。これが最初に食べた夕食。鳥の唐揚げにポテトフライと生クリームたっぷりのキノコ和えです。もう重いのなんのって。さすがドイツ。ビールは0.5Lで約3ユーロ。食事もビールもフランスより全然安いような気がします。
livedoor プロフィール
記事検索
QRコード
QRコード
Google Translate
Hugo on SoundCloud
My Old Blog
以前に作ったブログはファイルが壊れたため更新できなくなりました。以前のブログを見たい方は こちらをクリック
アクセスカウンター

    hugo's blog:今週の傾向

    • ライブドアブログ