iDrum先月のUnderworldのライブから、もう1ヶ月経っちゃいました。早いっすね時が経つのは。。。

Underworldのライブと言えば、音をミキサーでどんどん積み重ねていくビルドアップが特徴ですが、音の増減や出すタイミングの違いによって、毎回ライブによって各曲の印象が変わります。そんな細かく細分化された音色をミキサーで自由自在に操るのがRick SmithとDarren Pryceの仕事なのですが、その気分を味わえるiAppsを紹介します。その名も【iDrum Underworld Edition】!!

Rickがライブで使うマルチトラック音源をiDrum用に再編集したアプリです。収録曲はアルファベット順に
Beautiful Burnout
Born Slippy (Nuxx)
Cowgirl
Crocodile
Jumbo
King Of Snake
Lenne Penne
Mo move
Moaner
Nu Train
Pearl's Girl
Two Months Off
VoxJam
とライブで盛り上がる曲を殆ど網羅。
1曲あたり16個のトラック音源を自由自在に操れ(ミュートかソロにもできる)、出すタイミングも1/16まで調整可能(プレイの保存機能もあり)。自分のオリジナルのアンダーワールドの曲が演奏できます。各曲のパターンも16通りに設定でき、それをシーケンスで演奏する事が可能です。

アプリのインターフェース・アートワークはTomatoがやってることもあり、かっこいいのですが、どれがボタンか、どのボタンがどういう機能を持っているか、判別し辛いところもあるので、そこは一長一短。600円するアプリですが、演奏しながらアンダーワールドの気分が味わえる、自分オリジナルのアンダーワールド曲が作れそうという点を含め、大満足です。オススメ。

購入はこちらから。

(名曲Rezが収録されてないから、600円はイマイチというカスタマーレビューが見受けられますが、iDrumは1小節分の曲しか流せないんだからRezは無理でしょう。考えたらわかるでしょう普通)