まーぁ。いつものパターンというか、予想通りというか、オリンピックが始まる前にあれだけマスコミが大騒ぎした割には惨憺な結果ですな〜。いまのところ銀2銅2ですか〜。正直、今シーズンのワールドカップなど成績を考えれば、そんなメダルなんかポコポコ取れる訳でもなく、まぁ当然の結果というべきじゃないでしょうか?というかむしろ日本人選手は善戦してるようなきがします。

考えてみて下さい。
不景気で実業団という受け入れ媒体がどんどん少なくなっていってます。スポーツ選手は自力でスポンサーを見つけて、かつ練習をしないといけません。おまけに企業からスポンサーがついたり、援助してもらえる人なんかごく僅か。
国からスポーツ予算という名目でJOCに約27億円割り振り当てられてますが、JOCのおエラい方々はスポーツ選手にではなく各競技団体のお友達に割り振っている。スケート連盟の元会長が私的流用してたのもおそらくこの金。団体職員の人件費をさっぴくと、選手のもとに強化費としてくるときには、その金額もすずめの涙でしょう。
おまけに今回のオリンピック選手団。実は選手よりもスタッフ/役員の方が多い。ちゃんとしたコーチもいるんだろうが、中には役に立たないJOC役員も多く混ざってる事は容易に想像がつく。こんな金の使い方で、いったいどうやってメダルをとれというのだ?
他の国なんかこの27億円の5〜10倍を選手強化費で使っているのに、この国ではこれっぽっちの金もこないだの事業仕分けで縮減。これでは今後もまったく期待できないですな〜。

おつむの悪い日本のマスコミの皆様。メダル、メダルと騒ぐ前に、現状をちゃんと把握してから、報道される事をおススメいたします。

あぁアホらし。。。