hugo's blog,

No purpose, No design...

大島が選ぶオリーブオイル

オリーブオイルにハマっていて、ここ数年色々試している。

オリーブオイルの値段は本当にピンキリなのだが、
高いのはやっぱり美味い。
料理の仕上げにちょろっとかけるだけで、一発で味が引き立つ。
安いのは炒め物に使うしか価値がないので、
だいたいのねらいめは250mlで2400円以上のもの。

それでも価格に見合わないイマイチなのもボロボロ出てきているので、ここに評価を示す。
250mlとなるとなかなか消費できないので、あまり更新できないが、
1本終わったら常時更新して行くつもり。
いままで購入したオリーブオイルリスト







オリーブオイル名称原産国hugolab評価
OROBAILEN エキストラバージンオリーブオイル 250mlスペイン
ボー・ド・プロバンス オリーブオイル バージン(AOC 認定) 250mlフランス×
カミロ エキストラバージンオリーブオイル ファーム テイストオーストラリア 
バリアーニ EXバージンオリーブオイル レギュラー250mlアメリカ
アロンソ家のOro del Desierto(オロ・デル・デシエルト)「ピクアル」 250mlスペイン
AUBOCASSA エクストラヴァージンオリーブオイル 500ml スペイン×

近況

もう2月になってしまった。。。

1月はもっぱら
・論文書き書き
・業績報告書、年報書き書き
・λ-BETS実験

λ-BETS。。。もう何年やってんだコレ。。。
ブッルクスのとこ行ってからだから、14年ぐらいか。。。
14年目にして、いままで謎だったλ-BETSの基底状態がなんとなくわかってきた。
ブチブチ切れていた線がようやくつながってきた。
今取っているESRのデータが高磁場で予想通りに出れば、もうThe Endだと思う。

ティムが考えた最初のモデルがやっぱり一番しっくりくる。
TYT先生モデルもまだ捨て難い。
AKBくんのモデルは悪いけど話にならん。

あけおめことよろ2017

あけましておめでとうございます。
全然ブログ更新してませんが、
今年もよろしくお願い致します。


年末年始に論文を書こうとしたら、
データを仕事場に置いてきてしまいました。
図を想像しながら書いています。トホホ。。。

大島が選ぶベストアルバム2016

最近、めっぽうCDを買う事がなくなってしまいましたが、
今年もベストアルバムを選んでみました!
今年は個人的には不作の年でした。

そんな中でのベストアルバムはこちら。


【ベスト・アルバム】
BABYMETAL/Metal Resistance

522bc5b2
今年はやっぱりこれっす!
今年はBabymetalで始まり、Babymetalで終わりました。
再生回数は数知れず。アルバムよりライブの方がお勧めですが、この新アルバムも冗談抜きに名曲揃いだと思います。



【ベスト・アルバム(テクノ)】
該当無し

今年はかなり不満です。強いて言えば石野卓球のLunatiqueかな?
イチオシってのがなかったです。
いつもグッとくるUnderworld,Plaid, Aphex Twin, Lawrence, Clarkはすべて不発でした。



【ベスト・曲(テクノ?ポップ?)】
Jean-Michel Jarre & Pet Shop Boys/Brick England

Jarre-electronica2
Jean-Michel JarreのElectronica 2のアルバムはまぁまぁだったんですがベストアルバムか?といわれると微妙な出来でした。でも、個人的にはPet Shop Boysとタッグを組んだBrick Englandはめっちゃ聴きました。なので今年一番の曲に挙げてみました。



そして。。。いままで完全に食わず嫌いだったのですが。。。

【ベスト・アルバム(ロック)】
Red Hot Chili Peppers/The Getaway
2c34c1fc
今年初めて聴いたレッチリのアルバムはめっちゃ良かったです!
こいつを最後に挙げて終わろうと思います。



以上!良いお年を!

関連リンク:
過去のベストアルバム
2015年もの
2014年もの
2013年もの
2012年もの
2011年もの
2010年もの
2009年もの
2008年もの

Soulsby miniAtmegatronを買ってみた

写真 2016-11-26 13 10 20
最近、こういう記事
8ビットサウンドのシンセを大体1時間で組み立てられるキット「miniAtmegatron」
を読んで、欲しくなったので買ってみました。

詳細は記事を読んでもらえばわかりますが、Arduino Unoで動く8bitシンセのキットです。自分で作るというところに惹かれ、遊びに買ってみました。
だいたい1万円ぐらい(送料含まず)で、Soulsby Synthのサイトから買いました。10日ほどでUKから到着しました。

購入したヤツは、MIDI-hackされたArduino UnoにminiAtmegatronのキットがついているものです。
Arduinoに何かする(インストール等)必要は特にありませんでした。波形パターンを制御するノブやスイッチ、Arduino側で作られた波形をphoneジャックに出力するためのOPアンプを基板にただハンダ付けするだけです。
組み上げるのに、おじさんは1時間半〜2時間程かかりました。
出来上がった基板とArduinoをケースに入れる時に、(ネジを通す基板の穴径が小さくて)ネジ止め出来ないというお約束もありましたが、穴をヤスリでガリガリしてなんとか通しました。
ちゃんと組み上がっていてUSBで電源供給すれば、すぐに音は鳴ります。

いろんな波形、たくさんのモードはありますが、インターフェースはお世辞にもよくありません。マニュアルも簡便なものしかついてこないので、詳細な機能を知るにはマニュアルを自分でダウンロードしなきゃいかんです。
一番イマイチなのは、どのモードが選ばれているかを表示するLEDの点滅パターン(下記写真)。
点滅が早過ぎて全然区別がつきません。
写真 2016-11-26 19 13 40
「9」とか「13」とかは絶対わからん。

いちいちモードを細かく覚えれないため、適当にボタンとノブをイジッて遊ぶ方が良いと思います。

インターフェースはクソですが、シンセとしてはボチボチ楽しいです。
演奏パターン(シーケンス)が15種類しかないので、より楽しく遊ぶためにはMIDIでつなぐ方が良いと思う(Patternモード「0」)。
写真 2016-11-26 13 10 03
Arduino Unoのジャンパーを外して「MIDI mode」にして、USBをMacに接続すれば、DAWはちゃんと認識するのでminiAtmegatronを鳴らせます。iPadでも鳴らせました。
livedoor プロフィール
記事検索
QRコード
QRコード
Google Translate
Hugo on SoundCloud
My Old Blog
以前に作ったブログはファイルが壊れたため更新できなくなりました。以前のブログを見たい方は こちらをクリック
アクセスカウンター

    hugo's blog:今週の傾向

    • ライブドアブログ