hugo's blog,

No purpose, No design...

研究の近況

最近、全然更新してないな。
と思ったので、更新してみる。

【スピン液体論文】を書いたのだが、ここ数ヶ月、共著者のところでまた止まっている。もう正直いい加減にしてほしい。
催促メールを送らなきゃあかんと思っているところ。


【学生1の研究ネタ】高周波ESRのおかげで、λ-(BETS)2FeCl4反強磁性相の詳細がだいぶ分かりつつある。麻雀だとイーシャンテンぐらいまで行っているだろう。
AKBモデルは最初っから話にならんけど、分野的にはAKBモデルが受け入られているので、これをどう切り崩せばいいのかが悩みどころ。論文にちゃんとなるのだろうか。。。


【学生2の研究ネタ】一生懸命、三角格子系のスピン計測を頑張ってもらっているが、スピン計測は低温になると色々イヤラシイ。
スピン計測は標準試料と調べたい試料のESR強度を比較してスピン数を導出するのだが、標準試料のスピン間の相互作用が低温で効いてきてスピン数の誤差がだんだん大きくなる事がわかってきた。
VBS系の方はまとまってきたので、現在論文にしてもらっているところ。


【bilayer系】24Tをかけたけど、結局、飽和磁化が見れない。ESRを真面目にやるべき時がきたようだ。


【Bio系試料】スピントラップでROS検出の第2弾を今週末にやる予定。


【測定装置の改良】共著者で論文が止まっているので、実験装置も色々改良。
ESR装置:
X-Band ESR(10 GHz)→Bio系の試料ができるように改良
Ka-&Q-Band ESR(27-50 GHz)→ 最低温度4.2Kから1.6Kに
V-&W-&G-Band ESR(50-220GHz)→1.6K~150Kまでの温度範囲に拡張
サブミリ波 ESR→新たなボロメーター導入してS/Nを改善
こいつでちょっくらTKNBさんのとこの試料を試したい。

He3実験:
だいぶ前にガスハンドリングは作ってあったのだが、He3ガスを入れてようやく使えるようにした。量はたったの15L。
自称「熱のスペシャリスト」Y氏が(1回も使わないまま)80万をかけて作らせたHe3プローブがあったので、そいつで試してみるが温度が0.7Kまでしか下がらない。これが、熱流入のせいなのか、Y氏プローブの特性なのかは不明のまま。量が少ないけど、ジャボ漬け実験を試してみたいところである。


ちなみに、(1回も使ってないのに)大金をはたいて作らせたこのYプローブだが、中の配線がかなり酷かった。あっちゃこっちゃ切れてるし、ツイストペアもかなりいい加減だったので、全部ヒッペ剥がして配線をし直す。おまけに、Yプローブの比熱セルを見たら、あまりのも酷さにもうビックリこいたね。こんなんでマトモな測定できる訳ねーぇだろ。

「熱のスペシャリスト」Y氏は、この研究所はノイズが多すぎてまともな測定が出来ないと宣うて出て行かれたが、比熱セルや配線をもっとまともに作ってから文句を言って欲しかったものである。
そういえば、Y氏はSWCNTで熱容量計を作る任務もあったのだが、かなりお忙しいようで完全に忘れておられるようである。というかこんな技術じゃ話にならんので、どうも私がやらないといけないようである。

【夏休み】皆既日食を見に行った

IMG_8311IMG_8285
(メシが不味いので)あまりアメリカには行きたくないのだが、この夏は皆既日食が北米を横断する大イベントがあったため。年末年始から色々計画を立てて、何も無い合衆国の真ん中らへんに行って来た。

最初の数日はラスベガスで時差ボケ解消の日々、そこからシカゴに飛び、レンタカーを借りてミズーリ州のコロンビアまで。かなり微妙な天気であったが、そこで無事皆既日食が見ることができた。

ちなみに、皆既時は輪っかが肉眼でも見えるのだ。(知らなかった)。
ファイル 2017-08-27 8 57 09



日食が部分的に始まると段々と涼しくなったり、皆既時の夜とも言えない不思議な暗さや、蝉が何事かとわしゃわしゃと騒ぎ始める姿とかは、中々良い体験でした。

こんだけのエリアが暗くなるんだから、そら涼しくなるよなぁ。(ちなみにコロンビアは、雲の帯の境界上に位置している)

IMG_8289
プロミネンスもちゃんと撮れた。ちょっと嬉しい。

ビル解体(タイムラプス)


隣のビルの屋上にショベルカー2台が乗っかってから約2ヶ月が経ちました。
そして、解体現場が家の階の高さまで降りてきて、ようやくショベルカーの仕事っぷりがわかるようになってきました。適宜休息を入れながら、テキパキと解体する様が素晴らしかったです。
特に、適材適所で道具を変えたり、場面場面での2台の連携プレー(後に4台)が素晴らしかったです。

そんな素晴らしい動きの2〜3週間分をタイムラプスでどうぞ。
(再生する音が出るので注意)

タイムラプスではよくわからないと思いますが、まるで自分の手のようにショベルカーを動かすおっちゃんらのテクは感動ものでした。鉄筋を束ねたり、束ねた鉄筋でほうきのようにコンクリートを払ってましたわ。う〜んテクニシャン。

初のBio系論文

一度はバイオ系の仕事をやってみたかったので、
その念願がかなった論文です。
肝細胞に菌が感染すると、菌がラジカルを放ち細胞が死に至るという話(ちゃんと理解しているか怪しい)で、ラジカル種の同定をESRで行いました。

この話が来てから、試行錯誤でまともな信号を出すまで半年。論文投稿後、in-vitro→in vivoの実験を求められるもののリジェクト。幾つかの雑誌をさまよい、ここまで来るのに2年ぐらいかかりました。
生物系も色々大変ねと思った仕事でした。(おわり)


54
http://rdcu.be/t3jm

http://www.nature.com/articles/s41598-017-04630-8

ケルヒャーを買ってみた

2017-06-10-10-12-56
最近、ベランダの土埃と風呂場のカビが目立つようになり、耐えられなくなってきた。
これまでだったらブラシでゴシゴシするのだが、(最近腰がかーなーりーヤバいため)スチームクリーナーか高圧洗浄機があれば良いなぁと思っていたのだ。

高圧洗浄機といえば個人的にはケルヒャーなのだが、下位のラインナップがamazonで1万円を切り始めていたので、ここは一念発起、高圧洗浄機を買ってみた。「K2 クラシック プラス」ってやつ。

さて、高圧洗浄機を買ってみたものの、問題はベランダを掃除したいのだがベランダの近場に蛇口が無い事。
バケツに貯めた水で吸水する方式もあるが、空気が入るとダメらしく、使い初めの際に「呼び水」という名の空気抜きをしなきゃいかんので、かなり面倒くさそう。
蛇口から水を供給するのが一番手っ取り早そうだが、最近の台所や洗面所の蛇口はシャレた形状になっているので、合致する取付プラグがよくわからない。

そこでみつけたのが、洗濯機の吸水口を分岐するこの部品である。
2017-06-10-10-13-16
タカギ(takagi) 自動洗濯機用分岐栓 G490
なんて頭の良いパーツなのだ。
これさえあれば、取り外しする事無く、バルブを切り替えるだけで、ケルヒャーに水を供給できる。
素晴らしい。

さて、ケルヒャーの実力だが、まずまずの及第点を与えたい。おそらくもっと立派なものを買えば、もっと凄いんだろうけど。マンションの風呂場とベランダぐらいなら、ちょうど良いだろう(家狭くて片付けるところ無いし)。
一応、「K2 クラシック プラス」でもカビや土埃は綺麗に取れる。風呂桶?の裏からは未知なる物体Xが出てきたし、網戸をシャーッとやれば感動的な汚れ汁が出てくる。

かなり楽しい。
暇さえあれば汚れたベランダのお掃除したくなるぐらい楽しみである。
下の階の人にそのうち怒られそうだけど。。。

【購入した3点セット】(これでケルヒャー動きます)
・KARCHER(ケルヒャー) 高圧洗浄器 【洗剤タンク付き ・ コンパクト】 K2クラシックプラス K2CP
・KARCHER(ケルヒャー) 高圧洗浄機用 3m 水道ホース 9.548-669.0
・タカギ(takagi) 自動洗濯機用分岐栓 G490
livedoor プロフィール
記事検索
QRコード
QRコード
Google Translate
Hugo on SoundCloud
My Old Blog
以前に作ったブログはファイルが壊れたため更新できなくなりました。以前のブログを見たい方は こちらをクリック
アクセスカウンター

    hugo's blog:今週の傾向

    • ライブドアブログ